Talend API TesterでAPI実行を効率化し、開発速度を向上させた話 〜 導入編
見出し画像

Talend API TesterでAPI実行を効率化し、開発速度を向上させた話 〜 導入編

こんにちは。エンジニアのふるやです🙃
今回は Talend API TesterでAPI実行を効率化し、開発速度を向上させた話 〜 導入編 をご紹介させていただきます。

◆経緯

APIを実行するときに、GASやPHPコードを書くのが手間で、
「もっと手軽にAPIを実行したい」と思っていたところ、
今回ご紹介させていただく Talend API Tester を見つけました!

◆導入

今回はChromeブラウザの拡張機能 Talend API Tester を使用します。
Chromeブラウザを起動し、以下より拡張機能をインストールします。

インストール後、拡張機能を起動します。

◆設定①Projectを作成する

※以下の数字の順に進める
※Requests
タブへ切り替え忘れにご注意ください

画像1

画像2

◆設定②Serviceを追加する

※以下の数字の順に進める

画像3

◆設定③Requestを作成する

※以下の数字の順に進める

画像4

◆設定④Requestに詳細設定する

チャットに新しいタスクを追加するAPIの仕様

※上記仕様を参考に、以下の数字の順に進める

画像5

リクエストボディ
Chatwork API のエンドポイントに対するリクエストの仕様として
以下の記載がある為、Formを選択します。
Content-Type application/x-www-form-urlencoded
になっていることを確認します。

POSTメソッドやPUTメソッドを使用するエンドポイントの
リクエストボディはContent-Type: application/x-www-form-urlencoded
である必要があります。(引用元:Chatwork API ドキュメント

X-ChatWorkToken は ChatworkのAPIトークンを入力します。

APIトークン発行方法は以下、公式のヘルプをご確認ください
→ https://help.chatwork.com/hc/ja/articles/115000172402

Send押下により、
Talend API Testerの画面下部に Response 200 が表示され、
疎通したことを確認します。
右下にはAPIのレスポンスが表示されます。
今回は追加したタスクのIDが返ってきています。
該当のチャットにタスクが追加されることを確認します。

画像6

完了です!お疲れ様でした😌

次回は実際にゲーム開発で使用した場合をご紹介します。

以上、エンジニアふるや(@h_furuya_)が綴らせて頂きました。

スキを頂きありがとうございます!是非SNSでシェア頂けますと幸いです!
ソーシャルゲームアプリ開発・運営を行う株式会社ダンクハーツのメンバーが、自身が持つ技術/スキル/知識を発信していきます📝 ダンクハーツに集う“原動力たち”を知って頂ける機会となれば幸いです✨ https://www.dank-hearts.co.jp/recruit/